フーリガン ブレーキ改造…①

さてさてっと。

オイラのフーリガン君はブレーキキャリパーの交換を早めにしなければならない理由がありました…

オイラのフーリガンネタを見ていてくれて画像をチェックしているちょっと自転車かじっている方は既にご存知かと思われますがっ。

放熱性を上げようとしてhopeの2ピースローターを付けているんですが

f0164819_00453951.jpeg

こやつと純正ブレーキキャリパー…シマノの型番忘れたwとの相性が悪くブレーキパッドがある程度減ると効かなくなる模様www

まぁオイラも知らなかったのだが、メカニカルディスクブレーキキャリパーの殆どがシングルピストンであり、片方のブレーキパッドはキャリパーに付いてるだけであり、ブレーキレバーを引く事によりピストンがある方のパッドが動きローターを挟んで制動すると言う訳で。

ブレーキローターとパッドの間隔を詰めてレバーストロークを調整する訳だが、当然動かない方のパッドを先に限界まで詰めてから稼働側のパッドを調整してやる必要がある。

しかし上記の通り純正キャリパーとhopeのローターの相性が悪くギリギリまで調整が詰めれないんです(−_−;)

2ピースのローター接続部分がキャリパーに接触してしまうのです(−_−;)

それが故に限界まで調整出来ない=ブレーキレバーのストローク大。

当然パッドが調整可能範囲外まで減るとブレーキが効かなくなると言う最悪の事態が待っています(-.-;)y-~~~

この問題を解決するにはローターを戻すかキャリパー交換かになりまでが、即答でキャリパー交換に進みますw

通常フーリガンのカスタムでブレーキをとなると油圧ディスクブレーキへの交換がド定番になっています。

3秒くらい悩みましたがw将来的にブルホーンもしくはカスタム当初に捨てていたドロップ化がチラチラ頭を過っているオイラは機械式の2ピストンキャリパーを選びます。
f0164819_17451225.jpeg
TRPのSPYREか

f0164819_17462981.jpeg

同じくTRPのHY/RDか…

SPYREは油圧式と同じく対向ピストンでパッドの片減りも無いしトラブル少なそうです。

HY/RDはハイブリッドタイプでキャリパー本体迄はワイヤーでキャリパー内部が油圧になっていると言う優れものです。

TRPは元々テクトロの派生ブランドの様ですが、性能が安定しているのか最近のディスクロードに標準装備だったりします。

理想はフロントがHY/RDでリアがSPYREですがHY/RD高いんですよね〜(−_−;)

続くw


[PR]
# by kitazy_44 | 2018-07-18 00:39 | 自転車道楽w・・・ | Comments(0)
エクリプスクロスのグローブボックス外し方…

さてさて

今回はエクリプスクロスのグローブボックスを外してETCを付ける作業が入りました(−_−;)

オーディオパネルの外し方は下記のリンク参照。


面倒いから気は進まないが仕事なのでせねばならぬw

f0164819_09161164.jpeg

白が1番だと思ってたけどこの有料色々の「レッドダイヤモンド」…

f0164819_09191813.jpeg

すげー綺麗ですね!

購入検討している方は一度この色を見た方がいいです!

はっ!営業してるwww


本題です!

ETCをグローブボックスの上段に付けたかったので今回グローブボックスを外したのですが少しコツがあるので記事にしておきます。

何故ここに付けるのか?

そこに配線を通してETCを付けて下さいって言う切り欠きがあるからだ〜w

では先ずはグローブボックス下側とスカッフプレート、足元のサイドカウルを外します。

f0164819_10102825.jpeg

次にダッシュボード側面のパネルも外します。ここまで全てクリップなのでリムーバーがあれば作業出来ます。

f0164819_11394813.jpeg
さて
本題ダッシュボードからシフトパネルまで伸びているシルバーのガーニッシュを外します。

グローブボックス側のガーニッシュ下にマスキングテープを貼りーのw

f0164819_09395121.jpeg

少し硬いので金属製のリムーバーを差し込みーのw

f0164819_09413025.jpeg

ゆっくり捏ねるとガーニッシュが浮きますのでドンドン右側まで外します。

ダッシュボード側のクリップが全て外れるとガーニッシュが10ミリくらい手前にスライドするようになります、こうなったら後はシフトパネル側を外せばシルバーのガーニッシュが外れるんですがっ…

f0164819_09483264.jpeg

ここが結構気を使います!

シルバー塗装は傷が付きやすく、同じくピアノブラックのシフトパネルも傷が付きやすいし目立つ場所です(−_−;)

自分なりに傷を付けないで外す方法を試してみたので書いておきます。多分正規の方法ではありません。

f0164819_11390440.jpeg

先ずガーニッシュを後方いっぱいまで下げます。

そして下げたガーニッシュの後端の隙間に指を入れて軽く持ち上げます。

f0164819_09572791.jpeg

持ち上げたままガーニッシュを前に止まるところまで移動して…

f0164819_11403727.jpeg

上に引っ張ると外れるはずです。

f0164819_11410567.jpeg

理由が分からないんですが黄色い紐がシフトパネルとつながっているんで注意して下さいw

f0164819_11412670.jpeg

外した後からガーニッシュの爪を見ると先に前を外してスライドさせて後ろみたいな作りですがなんかそっちの方が傷が付きそうな感じがしますwww

f0164819_11435976.jpeg

ここまで来たらグローブボックス本体を止めているネジ上3本、下2本を外すだけで外れます。

f0164819_11442626.jpeg

外すとこんなに配線取り回しが楽になるんか〜と言うくらいのすっからかんwww

f0164819_11444729.jpeg

f0164819_11450365.jpeg

次回からここまでバラそっと( ´Д`)y━・~~

と言う訳でETC取り付け完了( ̄^ ̄)ゞ

f0164819_11461523.jpeg



[PR]
# by kitazy_44 | 2018-07-10 09:11 | 仕事・・・ | Comments(0)
MH55Sのフロントカメラカバー…

さてさてワゴンR等のスズキ車の大半が衝突軽減装置用のカメラがフロントガラスに装備されておりまする。

f0164819_21191256.jpeg

この人がナビのフルセグアンテナを引く時に邪魔なんですよねーハイw

左右に振り分ければ良い話ですが…右側はハンドルとか色々あるから出来るだけ配線は助手席側から纏めて引き回したいw

んじゃそのカバーを外せばいいじゃんって話になる…

でもね…

ちょっと待った!!!!

なんです( ̄▽ ̄;)

このカバーを無理に外そうとリムーバーとか突っ込むと結構簡単にカバーを止めている樹脂製の爪が折れるらしいです(−_−;)

しかもタチの悪いことにその爪はカメラを止める台座に付いてまして、更にその台座はフロントガラスに接着されているんです!(現行スペーシアは爪の部分だけ外れますので折れてもまぁいけますw)

無理に外す→爪折れる→カバーつけれない→フロントガラス交換…

大惨事ですよ奥さん!!!www


そこで割れないように外す確実な方法をお知らせします。

用意するのは画像のようなピック…又は硬めの細い針金をU字に曲げても可能。

f0164819_21533067.jpeg

これをカバーの1番上の穴に引っ掛けて横に広げながら下に引っ張ります。

f0164819_21552921.jpeg

カバーを広げながら下に…がポイントです!

左が外れたら右側も同じ様に外します。

f0164819_21573176.jpeg

これでアンテナ配線を纏めて左側から引けますw

まぁ面倒くさくないなら運転席から配線回した方が確実ですが運転席側をバラす工程を考えるとねぇwww

しかしなんでこんな構造にしたかなースズキさん( ´Д`)y━・~~


[PR]
# by kitazy_44 | 2018-07-02 21:13 | 仕事・・・ | Comments(0)